Message

専門看護師

専門看護師

がん患者さんとご家族の支えになりたくて

がん看護専門看護師 木村 由梨

入職して4年目の頃、消化器外科で病状の厳しい患者さんへの説明に同席したことがありました。当時は看護師としての仕事にも慣れ、一通りのケアができるようになった頃。それなりに自信も身につけはじめていたのですが、不安や辛い気持ちを訴える患者さんにかける言葉もない自分に無力感を感じました。その日を境に技術、知識をつけたいという思いは高まり、2010年に一念発起。2年間大学院に通い、がん看護専門看護師の資格を取得することにしました。現在は腫瘍センターで患者さんやご家族へさまざまなサポートができるように。自分の知識も、患者さんと関わる場面も幅が広がり、とても嬉しく思っています。

他の先輩メッセージ