Working Place

3D病棟

Image

3D病棟 循環器内科・心臓血管外科

多職種が連携することで
循環器疾患の「超早期回復管理」を実現

急性心筋梗塞や急性大動脈解離などの緊急対応を要する疾患から、慢性心不全などの慢性疾患管理までの看護を行っています。心臓血管外科と循環器内科のチームスタッフ皆で最善の治療方法を検討していきます。また、循環器疾患に対して万全の体制を整えることを可能にしています。外科においては、年間約460件の手術を実施、内科においても不整脈、虚血性疾患に対するカテーテル治療を数多く行っています。チームで掲げているのは「超早期回復管理」です。看護師だけでなく、幅広い職種が連携することで早期離床、早期退院ができるように患者さんをサポートしています。
Message

病棟から学生さんへ

心臓疾患の超急性期から、心不全などの慢性期まで、どちらにも携わることができるのが、3D病棟の魅力だと思います。慢性期では、病気と付き合いながら地域で生活していけるサポートができることに大きなやりがいが感じられます。心臓を扱う病棟なので緊張感はもちろんありますが、看護師として確実に成長できます。

3D病棟
 / 循環器内科・心臓血管外科
 / 坂可南子