Working Place

GCU

Image

GCU 回復期治療(継続保育)室

赤ちゃん一人ひとりに個別性を持った
看護を提供できるように

NICUを卒業し、状態は安定しているものの経過観察が必要な赤ちゃんや、退院に向けて環境調整中の赤ちゃんなど、さまざまな背景を持つ赤ちゃんが過ごすのがGCU。看護師は生まれた週数・生後日数、状態に合わせた看護ケアが提供できるよう、日々話し合いを実施しています。両親に対しては日々の変化を伝えるほか、その赤ちゃんに適した育児方法を一緒に考えるなど、退院後の生活にアドバイスを送ることも。また、退院後も地域からの支援が得られるよう、院内外との調整も行っています。
Message

病棟から学生さんへ

NICUでの治療を終えた赤ちゃんがやってくるのが、私たちが働くGCU。退院に向けて見守りを中心としたケアを行っています。お父さんやお母さんと一緒に過ごせない代わりに、私たちスタッフが赤ちゃんをあやしたり、抱っこをしたりと、なるべくスキンシップがはかれるように心がけています。赤ちゃんたちの可愛い表情に、いつも癒されています!

GCU / 回復期治療(継続保育)室 / 小椋寿々奈