Admire

つぶりちゃんが憧れる
リソースナースさんたち

つぶりちゃんが憧れる
リソースナースさんたち

特定看護師について知る

特定看護師とは?

チーム医療を推進し、看護師が役割をさらに発揮するために2015年10⽉から創設されたのが「特定⾏為に係る看護師の研修制度」。特定行為研修を修了させ、高度な知識や判断力があると評価されると、看護師が医師の判断を待たずに診療補助を行うことが可能に。患者さんの状態を見極め、より一層タイムリーな対応をすることなどが期待されています。

Support滋賀医大で
受けられるサポート

特定行為研修の受講を検討している段階から、「看護師特定行為研修センター」や「特定看護師活動支援室」に相談することができます。また、滋賀県の事業として受講費用の補助を受けることが可能。県の事業補助が終了した場合でも、国の「教育訓練給付金」などを活用できます。

滋賀医大で活躍する特定看護師

滋賀医大では「急性期管理領域」「感染症管理領域」「創傷管理領域」の3つの領域で、特定看護師が活動しています。特定看護師は「医師の包括的な指示」としての「手順書」に基づいた特定行為を実施しますが、どの領域の特定看護師もその行為そのものを目的としていません。大切なのは、その特定行為が患者さんにとって、安全で安心していただけるものにつながるかどうか。患者さんにとって「より良い」医療・看護を提供するために、それぞれの関わりを振り返り、次に出会う患者さんに活かせるように努めています。

特定看護師の声

  • 創傷領域特定看護師
    1990年入職
  • 河村 光子
経歴

継続看護室(現:患者支援センター)でストーマケアの必要な患者さんと数多く携わったことをきっかけに、皮膚・排泄ケア認定看護師の道へ。
2017年、創傷領域の特定行為研修を修了。

特定看護師

患者さんの中には入院時の持ち込み褥瘡が深い、あるいは感染を起こしてしまっている方がいます。また、近年は並存疾患を持つご高齢の方の手術も増えてきています。これらの場合にはタイムリーな創の処置が欠かせませんが、手術や外来処置を多く抱える医師だけでは適切な介入を行えず、どうしても重症化や入院期間の延長が発生してしまうというケースがありました。皮膚・排泄ケア認定看護師として、そんな患者さんを少しでも減らしたい。そこで決断したのが、特定行為研修の受講でした。

創傷管理領域の特定看護師となってからは、タイムリーにケアを提供することで、患者さんの早期退院につなげられるように取り組んでいます。先日は入院時から重篤な褥瘡があり、そこが感染して敗血症を起こしている患者さんと出会いました。この患者さんに対し、複数の診療科の医師、看護師、理学療法士、緩和ケアチーム、NST、薬剤師など、あらゆる職種と一緒に、苦痛の軽減や創傷治療の効果を最大限に考えた医療の提供に努めました。「早く帰りたい」という患者さんの声を力に変え、笑顔で転院されることに貢献できたことは、とても大きなやりがいにつながりました。

特定看護師というと、その行為そのものにスポットライトが当たりがちです。しかし、本来はもっとも効率的に治療やケアを提供することが目的。そのためには多職種とのコーディネーションこそ、大切な役割だと考えています。今後はそんな特定看護師の役割を発信すると同時に、医療と介護の連携推進のため、特別養護老人ホームや老人保健施設への看護技術支援やコンサルテーションにも力を入れてきたいと考えています。

特定看護師

お話を聞いて…

認定看護師の資格取得だけで満足せず、「もっといい看護を提供したい!」とどんどんスキルアップしていく河村看護師。その姿はまるでスペシャリストのカガミみたい!