Education

新人看護師と
パートナーナースの一日

患者さん一人ひとりが違うから、同じ疾患や症状であっても、今そこで求められる看護は違うもの。だから看護って難しいし、ありがとうって言われたらやっぱり嬉しい。頼りになる先輩にいつも見守られながら、一歩ずつ一人前の看護師に。
Image
Image

スタート

Image

8:30 情報収集、申し送り

Image
2人で分担して患者さんの情報を確認した後、ケアの注意点、内服薬、点滴に関する情報を共有して、正確・迅速に業務が行えるよう話し合います。部署全体の申し送りでは、看護師長とリーダーから重要事項やケアの注意点が伝えられます。
Image

8:45 点滴の準備

Image
収集した情報に基づいて点滴やインスリンなどの準備をします。間違いがないように、ペアでダブルチェックを行います。
Image

9:00 バイタルサインのチェック

Image
病室に行き、バイタルサインのチェックと状態観察。一人が測定し、もう一人が電子カルテに記載します。くわしい観察をするために、自分が情報収集をしている患者さんを測定するのが基本です。
Image

10:30 ケア

Image
保清や患者さんの症状に応じたケアを行います。病棟には体位変換が必要な患者さんも多くいらっしゃるので、2人でケアをすることで安全・スムーズに行うことができます。
Image

11:45〜12:45 お昼休憩

Image
Image

13:30 カンファレンス

Image
日々の患者さんのケアについて、部署全体で話し合います。
Image

14:00 午後の病棟ラウンド

Image
午前からの変化に注意して、新人がはじめてするケアは、先輩が手本を見せて指導します。新人の習得度や改善点をきめ細かく確認できることもPNSの特長です。
Image

16:30 ナースコール対応、カルテ記載

Image
電子カルテにその日の患者さんの状態とケアについて記載します。新人が記載する場合は先輩がフォローして、記載もれがないようにします。
Image

17:15 申し送り、業務終了

Image
ペア間でその日の患者さんの状態やケアについて情報共有した後、2人でリーダーに申し送りをします。その際に、すでに終えているケアとこれから行うケアもしっかり確認。
Image

新人看護師 メッセージ

平岡 真美 2C病棟/2020年入職

自信のない業務は必ずパートナーナースや先輩に確認し、患者さんに影響が出ないように心がけています。また、看護師の世界は報告、連絡、相談がとても大切なので、何か気づいたことはすぐにメモ。先輩に伝え、フィードバックをいただけるようにも努めています。パートナーナースはとても優しくて頼りになる先輩です。気軽に相談できる雰囲気をつくってくださるので、病棟にいる姿を目にするだけで安心して一日を過ごせます!
Image

パートナーナース メッセージ

太田 万里夢 2C病棟/2018年入職

私自身がパートナーナースからとても可愛がって育ててもらったので、同じように新人看護師に関わってあげたいなと思っています。1年目は毎日が緊張の連続のはず。新人さんと一緒にラウンドするときは決して急がず、彼女のペースに合わせて業務を進めるようにしています。2C病棟ではさまざまな症例を見ることができるので、たくさん経験し、知識、技術をどんどん身につけていってもらえたらうれしいですね。